亜鉛も豊富、代謝も上げます!【牛肉】

亜鉛も豊富、代謝も上げます!【牛肉】

亜鉛を多く含む食品の中に、【牛肉】があります。牛肉が原料となっているビーフジャーキーを筆頭に、牛肉の部位である肩をはじめ、牛肉全体が亜鉛を多く含むことが分かります。
牛肉100gに含まれる亜鉛の量ですが、ビーフジャーキーで8.8mg、肩の部位で4.9mg含まれていることが分かっています。
とはいえ、健康上の問題もあり肉の食べすぎはあまり推奨されていません。毎日多くの肉類を食べることで、コレステロール値の上昇や体重の増加など生活習慣病になりやすいとも言われています。
とはいえ、亜鉛はしっかり摂取して行かなければならないもの。中々難しいですよね。
牛肉を多めに食べるときには、野菜を多く食べるということで牛肉の消化を手助けします。肉:野菜が1:3と言われているので、この量を目安に野菜の量を考えてみるといいでしょう。
特に、普段から消化が悪いことを認識している場合には、多めの野菜を普段から摂取することをお勧めします。
おつまみのビーフジャーキーはカロリーも低いですしお勧めですが、食事として食べる場合は注意が必要です。
このように、牛肉には亜鉛を多く含んでいるという長所があるのですが、食べすぎや食べ合わせをよく考えてから食べないと、生活習慣病のリスクが高まるということが言えるのです。