女子会人気のイタリアンでは主役級!【チーズ】

女子会人気のイタリアンでは主役級!【チーズ】

亜鉛を多く含む食材に、【チーズ】があります。チーズの中でも特にパルメザンチーズが亜鉛を多く含んでいます。パルメザンチーズと言えば、主にナポリタンのトッピングとして使うという人が多いと思いますが、結構その他の使い道もあるんです。例えば、サラダに振りかけたり、ミネストローネにかけたり・・・と、チーズですからトマト料理全般とは相性がよいことが言えます。
パルメザンチーズ100gに亜鉛は7.3g含まれていますが、同時にカロリーは5gあたり24キロカロリーもあるので、パルメザンチーズだけで400キロカロリーを超えてしまいます。
亜鉛の摂取をパルメザンチーズだけで賄おうとするとするととてもじゃありませんが、カロリーの摂りすぎとなってしまいます。
もし、亜鉛の摂取を考えてパルメザンチーズを摂取するのであれば、控えめにするということも大切となってきます。
反面、パルメザンチーズには栄養価が高いことでも有名です。カルシウムやビタミンB12も多く含まれているので、成長途中の子供たちや、妊娠中の女性にはお勧めしたい食品です。
チーズの中で特に亜鉛の多いパルメザンチーズを主に紹介しましたが、その他のチーズでも亜鉛を多く含んでいます。
100gあたりの亜鉛の量は、プロセスチーズ(3.2mg)やカマンベールチーズ(2.8mg)となっており、イタリアンを食べるときやワインを飲むときに無理なく摂取できる量となっています。