好き嫌い?別れてしまう・・・【豚肉レバー】

好き嫌い?別れてしまう・・・【豚肉レバー】

【豚レバー】も亜鉛を多く含む食品として有名です。豚レバー100gあたりの亜鉛の量は6.9mg含まれています。
カロリーについては、100gあたり128キロカロリーとなっているので、思ったよりカロリーが低めというイメージを持つ人も多いでしょう。
とはいっても、豚レバーという食品そのものが、濃い味付けで調理されることが多いので、結局はカロリーがどうしても高くなりがちなのです。
しかし、そんな豚レバーもビタミンAやビタミンB12を多く含んでいるので、栄養価そのものは高いイメージのある食品となっています。
豚レバーは、独特の味や食感が特徴としてある食品ですが、これも工夫次第では、あまり豚レバーを好まないという人でも食べやすくすることは可能です。
それには、★最初の段階でしっかりと臭みを取ることと、★調理の際にしっかり味付けをすること。
このふたつが重要となって来ます。
豚レバーは、豚レバーの甘辛煮やレバニラ炒め、豚レバーの唐揚げなどで使われることが多いようです。
特に子供さんにはあまり人気のない食品ですが、栄養価はしっかりあるので是非工夫して食べさせたいものです。
これまで生食で豚レバーを食して来た人には残念ですが、2015年6月12日から生食が完全禁止となりました。